児童書

聞耳草紙 ―母と子のための昔話集―

◆水沢謙一著 水野庄三絵

◆A5判・152頁・上製・カバー付・定価1,430円(本体1,300円+税10%)・送料310円


雪のしんしんと降る夜に、おばあさんから語ってもらったなつかしい昔話。「聞耳草紙」「ほら穴さま」「三枚の札」「上方まいりをした木」「かかのけつの三ついぼ」など、昔話の古典ともいえる36話を収載。巻末に著者による解説を付す。小学校中学年向。(1980.2)


詳細を見る

雪の日の花よめさん

◆新潟児童文学の会編 山田夏男絵

◆A5判・224頁・上製・カバー付・定価1,430円(本体1,300円+税10%)・送料370円


地道に活動をつづけている新潟児童文学の会同人による、記念すべき初めての短編物語集。表題の杉山友理の作品のほかに、「鬼のげた」角田光男氏、「白いてぶくろ」杉みき子氏など14編を収録。小学校中学年向。(1980.2)

詳細を見る

とぶか海風号

◆溝井英雄著 内山格絵

◆A5判・上製・箱入・210頁・定価1,430円(本体1,300円+税10%)・送料370円


飛行機をつくろう! 頸城地方の漁村を舞台に、大きな夢に向かってくりひろげられる小学6年生留組と、彼らをとりまく大人たちの楽しい物語。温かい支援と協力によって、はたして海風号は空を飛ぶことができるか? 昭和30年代の子供たちのようすが生き生きと描かれている。(1979.4)


詳細を見る