燕市(つばめし)

燕市 のおもな産業(さんぎょう)

伝統的工芸品(でんとうてきこうげいひん) 燕鎚起銅器(つばめついきどうき)

「わたしたちの新潟県」28,29ページ

鎚起(ついき)とは「(つち)」で「(お)」こすという意味で、おもに銅板(どうばん)を、金鎚(かなつち)(ハンマー)でたたき,きたえ,形をととのえる技術(ぎじゅつ)です。

 江戸時代(えどじだい)に燕を中心とした地域(ちいき)に起(お)こった産業(さんぎょう)で、1981年に伝統的工芸品の指定を受(う)けました。

〈画像(がぞう)を拡大(かくだい)


「鎚起銅器」ができるまで…

たたいて、のばして、形がつくられていきます。その工程(こうてい)を見てみましょう。


 みごとな技(わざ)ですね。この技術(ぎじゅつ)は江戸時代(えどじだい)から受(う)けつがれているそうです。

 

洋食器(スプーンやナイフやフォーク) (金属ハウスウェア)

「わたしたちの新潟県」27,34ページ 

江戸時代(えどじだい)の和くぎづくりから始(はじ)まった燕の金属産業(きんぞくさんぎょう)は、時代によって,やすり,鎚起銅器,きせるなど色々な製品(せいひん)を生み出してきました。
 現代(げんだい)では,その伝統(でんとう)と技術(ぎじゅつ)を生かし,金属洋食器(ようしょっき)や,生活にかかせない色々な製品(金属ハウスウェア)などを製造(せいぞう)しています。


洋食器をつくっている工場のようす〈画像を拡大〉

こういう機械(きかい)でスプーンなどをつくっているんですね。

では,その燕の洋食器の製品(せいひん)を見てみましょう。

きれいですねー。技術(ぎじゅつ)の高さが分かりますね。