かいせつ 上級編 第9問

1886(明治19)年,新潟県では初めての鉄道が直江津駅~関山駅間で開業しました。
これは,国が東京と京都(きょうと)・大阪(おおさか)を結ぶ鉄道を群馬県(ぐんまけん)・長野県(ながのけん)・岐阜県(ぎふけん)・滋賀県(しがけん)を通るルートで計画し,その資材(しざい)を直江津港から運ぶことにしたからです。
その後,ルートは東海道本線(とうかいどうほんせん)に変更(へんこう)されましたが,直江津駅と群馬県の高崎駅(たかさきえき)を結ぶ信越線(しんえつせん)(1914年から信越本線)の工事は続けられ,1893(明治26)年に全線が開通しました。