かいせつ 上級編 第8問

国が指定(してい)する伝統的工芸品は,次の5つの条件(じょうけん)を満(みた)たしていなければいけません。

①「日常(にちじょう)使われるものであること」
②「大部分(だいぶぶん)が手作業でつくられていること」
③「伝統的な技術(ぎじゅつ)や技法(ぎほう)を使っていること」
④「伝統的な原材料(げんざいりょう)を使っていること」
⑤「一定(いってい)の地域(ちいき)で,ある程度(ていど)の人々が従事(じゅうじ)していること」です。

国から指定されている伝統的工芸品が多い都道府県(とどうふけん)は,
第1位が東京都との18品目(ひんもく)
第2位が京都府(きょうとふ)の17品目
第3位は新潟県と沖縄県(おきなわけん)の16品目
第5位は愛知県(あいちけん)の14品目
となっています。