かいせつ 上級編 第6問

ラムサール条約の正式名称(めいしょう)は,「とくに水鳥の生息地(せいそくち)として国際的(こくさいてき)に重要な湿地(しっち)に関(かん)する条約」です。1971年,イランのラムサールで開催(かいさい)された国際会議でまとめられたため,「ラムサール条約」とよばれるようになりました。日本国内では,現在50か所が登録されています。