かいせつ 上級編 第10問

雁木は,家の出入り口につけられた雪や雨をよける小さな屋根がついた通路をいいます。新潟県内や長野県飯山市(ながのいいやまし)では「がんぎ」とよんでいますが,青森県(あおもりけん)・岩手県(いわてけん)・秋田県(あきたけん)では「こみせ」,山形県(やまがたけん)では「こまや」とよばれています。新潟市にもむかしは雁木がありましたが,大火を防ぐという理由(りゆう)などで取りこわされてしまいました。現在,上越市高田には総延長(そうえんちょう)12.8㎞の雁木が残されており,日本一の長さをほこっています。