かいせつ 中級編 第4問

羽茂地区では,約80年前から柿の栽培(さいばい)が始まりました。雪が少なく温暖(おんだん)な気候(きこう)が,柿の栽培に適(てき)していたからだといわれています。
栽培されているのは,「ひらたねなし」と「とねわせ」というしぶ柿(がき)で,熟(じゅく)すと実の中に種がほとんど残りません。
越後(えちご)七不思議(ななふしぎ)の次にめずらしいということで「八珍柿(はっちんがき)」とよばれています。
炭酸(たんさん)ガスでしぶぬきしたものは,「おけさ柿(がき)」の名前で出荷されています。