かいせつ 中級編 第3問

にしきごいは,むかしは「色ごい」とよばれていました。大正(たいしょう)時代から美しい色や模様(もよう)を出すために交配(こうはい)が行われるようになり,現在では100種類(しゅるい)をこえるといわれています。新潟県の自然(しぜん)と伝統(でんとう)が生んだ魚であり,新潟県を象徴(しょうちょう)する魚であることから,2017(平成29) 年に「新潟県の鑑賞魚(かんしょうぎょ)」に定められました。新潟県のほかに,食用以外の魚を都道府県(とどうふけん)の魚に定めているのは,奈良県(ならけん)の金魚があるだけです。