かいせつ 中級編 第10問

佐渡市(さどし)にある加茂湖は面積(めんせき)が4.85㎢で,新潟県内では一番大きな湖です。もともとは真水(まみず)の湖でしたが,水害(すいがい)を防(ふせ)ぐこと,船があらしをさける場所をつくることを目的に,1904(明治37)年に海とつなげられ,真水と海水がまじりあう汽水湖(きすいこ)になりました。この湖の性質(せいしつ)を生かして,1932(昭和7)年からかきの養殖が行われ,現在では約500台の養殖いかだが湖面(こめん)にうかんでいます。