新潟県なるほどクイズ 上級編(じょうきゅうへん)

第1問 新潟市~佐渡市(さどし)(両津(りょうつ)~小木(おぎ))~上越市を結ぶ国道350号は全国的(ぜんこくてき)にもめずらしい国道だといわれています。その理由(りゆう)は,どれでしょう。 

ヒント わたしたちの新潟県 42ページ

第2問 2005(平成17)年に,新潟市は13の市町村と合併(がっぺい)し,その2年後に都道府県(とどうふけん)に準(じゅん)じた権限(けんげん)と予算(よさん)を持つ市になりました。このような市を何というでしょう。 

 ヒント わたしたちの新潟県 30ページ

 第3問 新潟県で,ただひとつ国宝(こくほう)に指定(してい)されているのは,どれでしょう。

 ヒント わたしたちの新潟県 とびら

第4問 春から夏にかけて,太平洋側(がわ)からふいてきた風が高い山脈(さんみゃく)をこえると,かわいた高温(こうおん)に変わり,新潟県で気温が急に上がります。これを何というでしょう。

ヒント わたしたちの新潟県 15ページ

第5問 冬になるとシベリア大陸(たいりく)からふいてくる,かわいた風が日本海の水蒸気(すいじょうき)をふくんで雪雲となり,新潟県に雪をふらせます。このシベリア大陸からふいてくる風を何というでしょう。 

ヒント わたしたちの新潟県 14ページ

第6問 新潟市の佐潟(さかた)や魚沼市(うおぬまし)の尾瀬(おぜ),阿賀野市(あがのし)の瓢湖(ひょうこ)は,水鳥の飛来地(ひらいち)や貴重(きちょう)な生物などのすみかとして保護(ほご)する条約(じょうやく)に登録(とうろく)されています。この条約を何というでしょう。 

ヒント わたしたちの新潟県 12ページ

第7問 中越地震(ちゅうえつじしん)や中越沖(おき)地震などでは,ガス・水道・電気など,日常の生活に欠かせない設備(せつび)が使えなくなり,大きな影響(えいきょう)がありました。このような設備を何というでしょう。

ヒント わたしたちの新潟県 53,54ページ

第8問 村上木彫堆朱(むらかみきぼりついしゅ)など,古くから伝わる技術(ぎじゅつ)によってつくられた品物(しなもの)を何といいますか。

 ヒント わたしたちの新潟県 28,29ページ

第9問 新潟県で最も早く鉄道が開業(かいぎょう)したのは,何駅と何駅の間でしょう。 

ヒント わたしたちの新潟県 45,92ページ

第10問 雪がふった時に人々の通行ができるように,江戸時代からつくられるようになった屋根つきの通路(つうろ)を新潟県では何とよんでいるでしょう。 

 ヒント わたしたちの新潟県 39ページ


これでおわりで~す
みんな,できましたか?
むずかしかった?

まちがえた問題は,ヒントの
ページをよみかえして,
もう一度ちょうせんしてみてね!