IT革命と新潟県 ―新潟のITは今どうなっているのか―


仙石正和・中野雅至
A5判/170ページ/カバー付き/定価 本体1,800円+税/送料180円
ISBN4-8221-0192-4
2003年6月発行


IT革命と新潟県新潟県が進めているIT政策はどういうものか。2000年問題を含めた今までの経過、これからすすめようとしている電子県庁、情報ハイウェイ、さらに遠隔医療による地域医療の進め方など、ITを活用した多くの実践と構想を、新潟大学の先生方と県の担当職員が分かりやすく記述した。市町村のIT関係職員はもちろん、病院など団体の関係者にとっても待たれていた書である。

【目次と執筆者】


はしがき   平山征夫

序 章 IT革命と新潟県

仙石正和・中野雅至

第1章 新潟県のIT政策について

北嶋宏海・今井勇一・後藤哲也

第2章 にいがた情報ハイウェイという新しい試み

相澤英一・玉井宣夫・水口敏郎

第3章 地域中核病院が地域医療で果たす役割

赤澤宏平・海津元樹・小田純一・岡本浩一郎・尾崎利郎

第4章 地域情報化の様々な試み

風間直行・奥村智・福間和治

第5章 新潟県の情報通信基盤について

相馬一・小川泰史

第6章 電子県庁の実現に向けて

青木裕一・明間聡・西片康博

第7章 新潟県ナレッジマネジメント

栗山吉弘

第8章 新潟県とネットワークセキュリティ

弦弓信夫・遠間文男・田中正和

終 章 情報社会との進展と新潟県のIT政策

戸田光彦