離島 佐渡 第二版


島津光夫・神蔵勝明
A5判・238頁・並製・カバー付・定価 本体1,905円+税・送料180円ISBN978-4-8221-0227-2


1998年に初版の本書は再版が待たれていたが、その後12年の佐渡の動きを加え、内容を一新した。共著者にジオパーク推進指導員の神蔵勝明氏を迎え、トキの飼育、佐渡鉱山の世界遺産登録に向けての動きなども解説。版型もB6版からA5版に拡大して図表を見やすくした。現在の佐渡を知るには欠かせない佐渡百科である。(2011.8)


【目 次】
まえがき
一 「離島」としての佐渡
   日本の離島
   佐渡の現況
   佐渡の自然条件(気候と海況)
   佐渡近海の海底地形
   佐渡への海の道
二 佐渡島の生い立ち-第三紀時代の佐渡
   佐渡の地質の研究史
   佐渡島の地学的位置
   佐渡の地質のあらまし
    基盤の中・古生層と花崗岩25 第三紀層
   佐渡はどこからきたのか
    弧状列島と背弧海盆 大陸のへりから移動する前の日本(原日本)
    日本海が拡大し、日本列島へ
三 第四紀時代の佐渡
   佐渡の段丘とそのできた時代
   国中平野の形成
四 佐渡の環境問題
   加茂潮とその富栄養化
    加茂湖の生い立ち 加茂湖の環境調査 加茂湖に起きた水質異常
    合併浄化槽の問題点 よみがえれ、加茂湖の水辺
   佐渡の山林とナラ枯れ
   トキと佐渡
   佐渡の自然災害
    水害 地震・津波災害 高波被害 地すべり
五 佐渡の歴史のあらまし
   先史時代(縄文・弥生・古墳時代)
   国司時代(奈良・平安時代)
   守護地頭時代
   奉行時代
   明治・大正時代
六 金銀山の話
   日本の金銀山
   世界の金銀山のできた地質時代
   金銀山はどのようにしてできたのか
七 佐渡島の金銀山
   相川金銀山
   その他の金銀山
    鶴子銀山 高千鉱山 鹿ノ浦鉱山 大小銀山 新穂銀山
    西三川砂金山 111
   相川金銀山はどのように掘られてきたか 115
    江戸時代 119 明治・大正・昭和時代129
   佐渡鉱山ではどのようにして金銀銅を採取したか(選鉱・精錬) 134
   佐渡の金銀山の寿命
八 世界遺産をめざす佐渡鉱山
   世界遺産になった鉱山関連遺跡 142
   佐渡鉱山が世界遺産をめざすために 146
    一般的な問題点 147
   安土桃山・江戸時代の海外貿易や貨幣制度での佐渡の金・銀の役割 150
   佐渡鉱山と石見銀山の地学的な比較 160
   佐渡鉱山のすぐれた点163
九 観光地としての佐渡
   佐渡の観光客の変遷
   佐渡に多い寺と神社
   史跡と博物館
   佐渡を訪れた人と作品
   「黄金の島佐渡」(テレビ放映)
   自然景観
    最初に佐渡の自然を世に紹介した脇水博士と徳重教授 
    佐渡ジオパーク試案

小木海岸 外海府海岸北部 奇岩・怪石―神々のいたずら 池沼 佐渡の川と滝と名水

   温泉
   代表的な産物
     無名異焼 斑紫銅 赤玉 青玉
十 明日の佐渡のために
   佐渡のすぐれた点
   佐渡の抱えているいくつかの問題点
   これからの佐渡のために―主に観光について
   参考文献
   あとがき