座右の鈴木牧之

高橋実
A5判/256ページ/上製/美麗カバー付
定価 本体2,400円+税 /送料350円
ISBN4-8221-0194-0 C0095


大学の卒論で北越雪譜に取り組み、その体験を小説に著した。同人誌に寄稿したその小説『雪残る村』は、思いがけず芥川賞候補となった。以来40年、鈴木牧之の研究をつづけてきた著者が、牧之に寄せる思いの集大成として本書を世に送る。

【内 容】
序 文 井上慶隆(元新潟大学教育学部教授)

第1章 私の鈴木牧之

鈴木牧之の調査で初めて塩沢町を訪れたころのこと、北越雪譜が結びつけた人たちの思い出。

第2章 鈴木牧之の伝記を掘る

各地に牧之の資料を求めたこと、馬琴と牧之のこと、牧之の家族は、などその家譜を探る。

第3章 北越雪譜を掘る

北越雪譜の題名はどのように決定されたか、出版には、山東京伝・京山の謀略がからんでいた?。牧之が馬琴に送った挿絵が八犬伝に使われてしまった、など、出版が長引いたために起きた数々のことがら。

第4章 秋山記行を掘る

秋山記行の写本を訪ね、さらに写本筆者を探る思い出。

第5章 鈴木牧之資料紹介

『鈴木牧之全集』未収録の「短冊扣(ひかえ)帳」翻刻。一茶・良寛・一九・京伝・京山をはじめ、当時のそうそうたる顔ぶれが並ぶ。

著者/高橋 実(たかはし みのる)

昭和15年(1940)刈羽郡小国町に生まれる。新潟大学教育学部を卒業後、県内公立学校教員を38年間勤め、平成13年定年退職。

著書-『校註 北越雪譜』(共著)、『北越雪譜の思想』、『鈴木牧之全集』(共著)、『鈴木牧之』[生涯教育叢書]、『現代語訳 北越雪譜』(監修)、『雪残る村』、『紙の匂い』、『さつきの花』ほか