小林存伝 ―日本民俗学の先駆者―


川崎久一

A5判・360頁・上製・箱入・定価 本体3,800円+税・送料350円


新潟県民俗学の生みの親であり、日本民俗学の草分けといわれた小林存の伝記。誰からも愛され、親しまれた“街の酒場のソクラテス”の魅力を描く。民俗学の名著「越後方言考」「県内地名新考」を刊行、新潟県民俗学会を創立し、「高志路」を発刊した横越村(新潟市江南区)出身の奇才、小林存とはどんな人間だったのか。(1979.10)