光と風、野につむぐ一連譜 ―新聞にみる新潟女性史年表―

新潟女性史クラブ 編著
A5版/上製貼箱入/464頁/定価 本体10,000円+税・送料無料
ISBN4-8221-0181-9 C0057


新潟県初の女性史年表


本書は、明治元年(1868)から、昭和22年(1947)年までの、新潟県の女性たちのあゆみをおさめる。 出稼ぎの女工たち、苦界の女、女子教育、日中戦争・太平洋戦争の中の女性たち。これらの姿を「新潟新聞」などを駆使して明らかにした、新潟県初の女性史年表である。全体を11のブロックに分け、ブロックごとにその時代の特徴を語る読み物を付して、より具体的に女性のあゆみを読み取れるようにした。 年表部分は、「学ぶ、活動」、「働く、暮らす」に分け、「学ぶ、活動」では、学閥や社会参加をする女性の姿をとらえ、女子教育や婦人団体の成立などをたどっている。また、「働く、暮らす」では、家をささえ、自らを犠牲にしながらも生き抜こうとする姿と、自立を志し、仕事を起こす女性たちを追っている。 資料としての活用はもとより、女性のありかたを考える、読む年表となっている。